しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年10月8日(月)

性の多様性 1万人祝う

関西レインボーフェスタ

大阪市北区

写真

(写真)関西レインボーパレードに出発する参加者=7日午後、大阪市北区

 「みんなちがってええやん」―一人ひとりの「性の多様性」を祝福し、分かち合おうと関西の「レインボーフェスタ!2018」(同実行委員会主催)が6、7の両日、大阪市北区の扇町公園で開かれ、のべ1万人が参加しました。7日には、13回目となるパレードに850人が参加し、市民にアピールしました。

 ステージにはミュージシャン、高校の吹奏楽部などが次々に登壇し「自分らしく生きてください。自分を愛してください」(ミュージシャン)と訴えました。

 ブースには、大学や学生有志の出店も。龍谷大学のブースでは、「身体の性」「性的指向」などの項目に対し「男性的」から「女性的」までの間にシールを貼るボードが好評でした。「一人ひとりが違う多様性が一目でわかります」と同大学宗教部の安食真城(あんじき・しんじょう)課長。大阪大学有志の男子学生(18)は「(自民党国会議員などから)心ない発言もありますが、私たちは寄り添いますとツイッターなどで発信しています」と語り、京都精華大学のブースでは、学生や非常勤講師の女性が大学の取り組みを紹介し「理解を広げていきたい」と話していました。


pageup