しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月25日(火)

共和、過去最低の支持率

地盤州の苦戦相次ぐ

上院選 大統領不人気で異変

 【ワシントン=遠藤誠二】米中間選挙(11月6日)を約6週間後に控え、2016年の大統領選でトランプ候補(当時)が勝利した共和党地盤の州で異変が起きています。上院選(改選33と補選2)が行われる州のうちテキサス州などで共和党現職・交代候補が苦戦を強いられています。


 21日夜、テキサス州ダラスで行われた上院選の討論会で、現職のクルーズ共和党候補は「われわれは真のレースをテキサス州で繰り広げている。左翼はエネルギーを持っている。彼らは怒っており、ほとんどがトランプ大統領への憎悪を抱いている」と述べ、「左派の脅威」をあおり保守有権者の気を引きました。

 これに対しオローク民主党候補は、「私だけがテキサスのすべての郡をまわり、州民の価値観と関心事についてアイデアを持っている」などと反論、草の根で訴える候補をアピールしました。

 テキサス州の上院議員は四半世紀にわたり2人とも共和党。下院36議席のうち25議席が同党議員です。全米最大のレッドステート(共和党地盤州)といわれる地で、クルーズ氏は民主党下院議員であるオローク候補に追いあげられ、6月には10ポイント差だった世論調査結果は、9月に入り4ポイント(CBSテレビなど)にまで縮まりました。

 テキサス州の他、現職議員が引退するアリゾナ、テネシー両州でも共和候補は民主候補にリードを許しています。また、16年の大統領選で民主党のヒラリー・クリントン候補の票が上回ったネバダ州では、現職のヘラー候補が民主党のローゼン候補に2ポイント離されています。

 トランプ政権発足後1年半余。外交政策で「米国第一主義」を貫き、数々のスキャンダルを抱えながら国民間の分断をあおる同大統領のもとで、共和党は大統領自身より国民の支持を減らしています。CNN/SSRSが実施した世論調査(9月17~20日)で、同党指導部への支持率は20%(不支持は72%)と、トランプ政権発足時から半減し、過去最低を記録しました。

 上院は現在、共和51、民主49。今回、民主党は改選25議席を守った上で共和党改選8議席のうち2議席をとれば過半数を奪還できます。共和党現職区のうち、テキサス州はじめ5州が激戦区。一方、民主現職25のうち11が激戦区で、民主党現職が多数取りこぼせば議席減の可能性もあります。


pageup