しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月20日(木)

平壌会談

中国外務省は「歓迎」を表明

 【北京=釘丸晶】中国外務省の耿爽(こうそう)副報道局長は19日の記者会見で北朝鮮の平壌での南北首脳会談で署名された「平壌共同宣言」について「歓迎」を表明しました。

 耿氏は同宣言を「相互関係の改善・発展、地域の軍事的緊張の緩和、(朝鮮)半島の非核化と和平交渉のプロセスの推進について新たに重要な共通認識が得られた」と評価し、「双方が行った積極的努力を称賛する」と述べました。

 耿氏は「平和と繁栄、和解と協力は半島と地域の人民の共通の宿願だ」と述べ、「中国は一貫して双方が対話と協議を通じて相互関係を改善し、和解と協力を進めるのを支持してきた」と強調。「朝韓双方が引き続き宣言での共通認識を実行に移し、不断に努力し北南の協力を進め、半島問題の政治解決、地域の恒久平和実現のため、積極的役割を発揮するよう希望する」と語りました。


pageup