しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月5日(日)

多様で壮大な行動を

国際会議が「宣言」採択

 広島市で開かれた原水爆禁止2018年世界大会・国際会議は4日、閉会総会を開き、ヒバクシャ国際署名など「核兵器のない世界」を求める多様で壮大な行動を各国で発展させ、国際的共同を呼びかける「国際会議宣言」を採択し、閉幕しました。

 宣言は、核兵器の完全廃絶を求める流れが「世界の本流」であり、「核兵器禁止条約の発効も押しとどめることはできない」と指摘。朝鮮半島の非核化と平和体制の確立に向けた動きを「心から歓迎」し、関係各国が「誠実に交渉し、合意を履行」するよう求めました。

 日本政府に対して、禁止条約参加と米軍新基地建設の撤回、憲法9条を守り生かした外交を求めています。

 「被爆者を先頭とする市民社会が、被爆の実相を広げながら核兵器廃絶の緊急性を訴えていくことが重要」だと強調。各国政府に禁止条約への参加を求め、「一刻も早く発効」させるとともに、朝鮮半島を非核化し、北東アジアに平和体制を確立しようと訴えています。


pageup