しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月31日(火)

東京五輪の暑さ対策は開催時期の変更で

小池氏会見 夏時間導入に異議

 日本共産党の小池晃書記局長は30日の記者会見で、2020年の東京オリンピックの暑さ対策として日本標準時を現行より繰り上げるサマータイム(夏時間)導入が一部で取りざたされていることについて問われ、「オリンピックは朝だけやるわけではない。サマータイムを導入して何が解決するのか。国民生活が混乱するだけだ」と疑問を呈しました。

 その上で「暑さ対策を心配するなら、オリンピックの開催時期を9月や10月に変えるべきだ」と指摘。1964年の東京五輪では10月10日が開会式だったとして、「『アスリート・ファースト』というなら秋に移すべきだ」と述べました。


pageup