しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月24日(火)

北海道豪雨 激甚指定を

紙・畠山氏ら農水相に要請

写真

(写真)斎藤農水相(左から2人目)に申し入れ書を手渡す(右から)紙、畠山、真下(左端)の各氏=23日、東京都千代田区

 北海道の7月初旬の豪雨災害について日本共産党の紙智子参院議員、畠山和也前衆院議員(参院道選挙区予定候補)、真下紀子道議団長は23日、斎藤健農水相に会い、復旧と対策を強く要請しました。

 豪雨により北海道では国管理の3河川、道管理の25河川が氾濫し、農地や農道が甚大な被害を受けました。申し入れでは、被害の激甚指定や農地復旧へ生産者負担軽減などを求めています。

 紙氏は「農家が大変な被害を受けており、十分な支援があってこそ、諦めず再開に踏み切れます。抜本的な対策を」と訴えました。

 畠山氏は「この季節の被害は北海道として経験がなく非常に困っている」と述べ、真下氏は視察で撮影した写真を示し、斎藤農水相に被害状況を説明しました。

 斎藤農水相は「西日本豪雨災害と併せて、激甚指定を閣議決定する方向で進めていきたい」と応じました。


pageup