しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月11日(水)

「全国から被災地励ます」

党北海道委 畠山前議員ら 救援募金訴え

写真

(写真)救援募金を訴える畠山氏(左から2人目)=10日、札幌市

 西日本の豪雨災害被害を救援しようと、日本共産党北海道委員会は10日夕、救援募金をJR札幌駅前で呼びかけました。

 強い雨をついて、畠山和也前衆院議員や森英士道議候補、道委員会勤務員が「豪雨災害の救援募金にご協力を 日本共産党」と書いた横断幕を掲げ、市民に呼びかけました。

 「少ない額ですが、頑張ってください」と募金した男性や、横断歩道を渡って駆け寄る勤労者、行動をねぎらう若い女性らが次々に募金しました。

 畠山氏は、日本共産党が緊急対策本部を直ちに立ち上げ、志位和夫委員長を先頭に各地で募金活動を展開していると紹介。「与野党が力を合わせて、被災者救援と災害復興のために力を尽くしましょう。被災者の苦しみは国民みんなの苦しみ。全国から被災地を励ますことが一番大切です」と訴えました。


pageup