しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月6日(金)

九州北部豪雨から1年

犠牲者悼み 復旧願う

福岡・朝倉

写真

(写真)犠牲者を悼み手を合わせる田中さん(中央)ら遺族=5日、福岡県朝倉市石詰

 九州北部豪雨から1年となる5日、福岡県朝倉市では市が追悼式を開いたほか、市内各所の被災現場などで住民が犠牲者を悼みました。

 集落全体が土石流に襲われ5人の死者が出た石詰集落では、朝から遺族と住民50人余りが集まり、花を手向けて犠牲者を追悼しました。被災前の集落の映像が映し出され、柿畑や石積みの棚田が連なる田園風景に「本当にきれいだった」との声が漏れました。

 母親と兄夫婦を亡くした田中松美さん(66)は「亡くなったことが1年たった今でも信じられない。変わってしまった風景に言葉にもならなくて。何十年と生活してきた土地。雨が多いので安心できるよう一日も早く復旧してもらいたい」と話しました。

 会場に倉庫を提供した柿農家の小ノ上喜三さん(69)は、地域の復興について「農道復旧のため農作業は遅れているが、去年はゼロだった園地も今年は収穫できる。経営を続けることで従業員を雇って地域に貢献できる。できることからやっていく」と語りました。


pageup