しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年10月10日(水)

“デニー知事と連携”

沖縄・豊見城市長選 山川候補駆ける

伊波議員が応援

写真

(写真)訴える(左から)伊波、山川の両氏=9日、沖縄県豊見城市

 大激戦の沖縄県豊見城(とみぐすく)市長選(14日投票)の勝利を目指し、同県名護市の米軍辺野古新基地建設反対の翁長雄志前知事の遺志を継ぎ、玉城デニー新知事を支える「オール沖縄」の山川ひとし候補は9日、豊見城市内を駆け回りました。山川氏の訴えに市民は車内から手を振るなどで応え、期待を寄せました。

 待機児童ゼロや中学卒業までの医療費無料化を掲げながら実現しなかった市民置き去りの現市政を厳しく批判する山川氏。「市民本位の市政をしっかりと確立し、平和で誇りある豊かな豊見城市になるよう、翁長前知事の遺志を必ず引き継ぎ、デニー知事とともに先頭に立って一生懸命頑張っていきたい」と力を込めました。

 山川氏と、自民党型市政の継続を狙う現職と前市議の2候補が対決する構図です。山川氏の応援に駆け付けた参院会派「沖縄の風」の伊波洋一参院議員は「市長候補の中で唯一、玉城デニー新知事とともに市の発展に尽くすことのできる候補です」と強調しました。

 訴えを聞いた主婦(60)は「基地問題と子どもの貧困問題などでデニー知事とともに一緒になって取り組んでほしい。問題のある市長を変えたら市政は良くなります。山川さんに期待します」と話しました。


pageup