しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年10月3日(水)

国民の政治不信あおる

内閣改造人事 小池書記局長が批判

 日本共産党の小池晃書記局長は2日、国会内での会見で、新内閣の印象を問われ、「見あきた顔と見慣れない顔をかき集めたインパクトのない布陣だ」と述べました。

 さらに、記者団から、森友学園疑惑をめぐる財務省の公文書廃棄、隠ぺいなどで責任が問われる麻生太郎財務相の留任や、厚生労働省の労働時間データねつ造などで責任が問われる加藤勝信前厚労相の自民党総務会長就任への受け止めを問われ、「ちょっとびっくりした」と発言。あっせん利得疑惑がある甘利明元経済再生担当相の同党選対委員長就任にも言及し、「麻生氏の留任や甘利氏の復権などは、国民の政治不信をあおることになる。(安倍首相は)『しっかりした土台の上に幅広い人材を登用していく』というが、ぐらぐらの土台ではないか」と述べました。

 また、甘利氏が2日の記者会見で疑惑を問われ「刑事訴追されていない」と開き直ったことに言及。道路用地買収に権限に基づく影響力を行使する「口利き」で報酬を得たのではないかとの疑惑について、甘利氏は何の説明も必要な文書の開示も行っていないと指摘し、「刑事訴追されなかったから一件落着だとの説明はあまりに無責任だ。そういう人を選挙の顔にするのは、国民をなめている」と厳しく批判しました。

 また、初入閣の閣僚が安倍内閣で過去最多の12人に上ったのは「処遇のためでは」との質問に、小池氏は「一言で言えば『閉店セール内閣』。安倍政治の終わりの始まりだ」と述べました。


pageup