しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月26日(水)

沖縄県知事選 党県委員会が必勝集会

志位委員長が訴え

写真

(写真)志位委員長(右から3人目)を迎えて開かれた県知事選挙必勝集会でがんばろうと拳をあげる参加者=25日、那覇市

 日本共産党沖縄県委員会は25日、沖縄県知事選(30日投票)で「オール沖縄」の玉城デニー候補の必勝をめざし那覇市内で「知事選必勝集会」を開きました。志位和夫委員長が激励あいさつを行いました。

 志位氏は、最後の瞬間まで沖縄のために命の炎を燃やした翁長雄志知事の姿が県民の心に深く刻まれ、多くの県民が「何ができるか」を真剣に考えていると強調。22日の「うまんちゅ大集会」で翁長知事の妻・樹子(みきこ)さんが、安倍官邸が民意をつぶそうと国家権力を総動員しているやり方を痛烈に告発したことは、「多くの県民に深い共感を広げている」と述べました。

 勝利のカギとして、「『翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古に基地は絶対に造らせない』『デニー候補が知事になれば辺野古に決して基地は造れない』。このことを、全ての県民に広げに広げることだ」と呼びかけました。

 志位氏は、歴史が証明したのは、「沖縄県民が一つにまとまれば、必ず歴史は動く」ことだと力説。1950年代の米軍の土地強奪に対し、「(土地を守る)4原則貫徹」などを掲げた「島ぐるみ」のたたかいが広がり、沖縄人民党の瀬長亀次郎氏、翁長知事の父・助静氏も肩を並べてたたかったことにふれました。

 この流れが本土復帰運動につながり、いまの「建白書」実現をめざす「島ぐるみ」のたたかいは、それを継承・発展させた「新しい歴史をつくるたたかい」だと指摘しました。

 復帰前の沖縄人民党、復帰後の日本共産党沖縄県党がどんな困難なもとでも、統一戦線―「島ぐるみ」の力で沖縄を変えることを不屈に貫いてきたとし、誇るべき歴史をもつ党の頑張りどころだと熱く訴えました。

 志位氏は、22日の集会でデニー氏が、全国から応援に来ている人たちが「沖縄県知事選の勝利が自分たちの明日の勝利につながると信じている」と述べたことに言及。市民と野党の共闘が沖縄から始まり、沖縄から多くのものを学んだとし、「知事選での勝利は沖縄の未来を開くとともに、市民と野党の共闘の前進への推進力となる。『本気の共闘』を成功させ野党連合政権ができれば、沖縄の基地問題解決の展望が一気に開かれる」と強調。最後まで心一つに必ず勝利を勝ち取ろうと呼びかけました。


pageup