しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月23日(日)

米朝再会談「近いうち」

米国務長官が言及

“再訪朝を望んでいる”

 【ワシントン=池田晋】ポンペオ米国務長官は21日、米FOXニュースとのインタビューで、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の2回目の首脳会談に向けて「取り組んでいる」とした上で、「ふさわしい状況を整え、両首脳が実質的な進展をなしうるようにする作業が、まだ少し残っている」と述べました。

 ポンペオ氏は同日のMSNBCテレビとのインタビューでは、米朝首脳の再会談が「近いうちに」実現することを期待するとする一方で、「最終的には大統領の決断だ」と指摘。「そう遠くないうちに、私自身が交渉継続のため再訪朝できることを望んでいる」とも述べました。具体的な時期には言及しませんでした。

 また、18~20日に行われた南北首脳会談については「南北が初めて実質的な形で非核化について議論した」とし、「重要な一歩だ」と評価。中国やロシアも含めて安保理決議制裁の履行は続いているとの評価を示し、米国は朝鮮半島の非核化という目標達成のために「忍耐と決意をもって臨んでいる」と強調しました。

 一方、トランプ氏は21日、ミズーリ州スプリングフィールドの集会で演説し、「米朝関係は非常によい。金正恩委員長は2日前、すばらしい手紙をくれた」と表明。「(正恩氏とは)非常によい関係にある」と強調しました。

 同時に「私はあわててはいない」と繰り返し、「まだ制裁は続いている」とも述べました。首脳会談にはふれませんでした。


pageup