しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月17日(月)

市民と野党共闘で安倍政権を倒そう

小池書記局長が訴え

静岡・函南町

 来年の参院選・統一地方選の躍進をめざし日本共産党静岡県委員会・伊豆地区委員会は16日、同県函南町(かんなみちょう)で小池晃書記局長を迎えた演説会を開きました。会場の函南町文化センターは、伊豆全域から集まった参加者でいっぱい。小池氏は、野党の国会共闘で安倍政権を追い詰めた先の通常国会の論戦や、いま行われている自民党総裁選で浮き彫りなった自民党政治の内政・外交の行き詰まりを告発。「そうだ」の声援と拍手が随所にわきおこり、小池氏は、「市民と野党の『本気の共闘』、日本共産党躍進で新しい日本をつくろう」と訴えました。

 鈴木ちか参院静岡選挙区予定候補が「改選数2で自民党議席を落として国会に駆けあがる決意です」と力強く表明。統一地方選の候補者が紹介されました。仁科喜世志・函南町長からメッセージが寄せられました。

 小池氏は演説で自民党総裁選に関し、安倍首相が昨年の総選挙で森友・加計学園問題について「国民の審判を仰いだ」とみそぎが済んだかの居直りをしていることを批判しました。

 「そもそも野党が昨年6月、憲法53条に基づき求めた臨時国会の召集要求を3カ月間も踏みにじり、召集したその日のうちに解散した。モリカケ隠し解散だったではないか」と指摘。「財務省の文書改ざんが明らかになったのは今年の3月。加計学園の愛媛県文書が明らかになったのは今年5月。いずれも総選挙後だ。審判など受けていない」と反論し、「ウソのない正直な政治を求めていこう」と訴えました。

 小池氏は、いまたたかわれている沖縄県知事選は、沖縄と日本の民主主義がかかわっているとその大激戦ぶりにふれ、「沖縄にお知り合いの方にぜひ玉城デニー候補の支持の輪を広げていただきたい」と呼びかけました。

 「外交の安倍」どころか、安倍外交も大破たんです。小池氏は「いくらトランプ米大統領、ロシアのプーチン大統領とのうわべの仲よしを誇っても、辺野古新基地拒否もできない。領土交渉棚上げを提案されても反論もしない。『日本を取り戻す』というが、辺野古は奪われ、千島も取り戻せない。いま必要なのは、国際的道理に基づき、9条を生かした平和外交です」と力を込めました。

 日本共産党は、野党の共同を何よりも大切にする政党であり、「異常なアメリカいいなり」「財界中心」の政治をただす綱領をもつ政党だと述べた小池氏は、「だから市民との約束を裏切らない。ぶれない。この党を強く大きくすることに、市民と野党の共闘の明日、日本の未来がかかっている」と訴え、入党と「しんぶん赤旗」購読を心から呼びかけました。


pageup