しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月24日(火)

自民・杉田氏の発言受け小池氏

撤回・謝罪なければ辞職を

 日本共産党の小池晃書記局長は23日、国会内での会見で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が、月刊誌『新潮45』8月号にLGBT(性的少数者)のカップルに関し“子どもをつくらないため生産性がない”などと寄稿したことに関し「無知、無理解、悪意に満ちた偏見で、悪質な発言だ。発言を撤回し謝罪しないのであれば、辞職するべきだ」と批判しました。

 杉田氏は同誌に、「LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子どもを作らない、つまり『生産性』がない」などと寄稿。さらに、自身のツイッター上で、大臣クラスの自民党議員らから、励ましの言葉をかけられたと投稿し、後日、殺害予告を受けたとして削除していました。

 小池氏は「『生産性がない』という言い方は、個人の尊厳を根本から否定する妄言で、議員の資質にかかわる重大な発言だ」と指摘。杉田氏の発言を擁護した大臣クラスの自民党議員を明らかにする必要があるとして「個人の問題だけでなく、杉田氏を比例で国会議員にした自民党の責任が問われる」と強調しました。


pageup