しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月20日(金)

野党一致して内閣不信任案の提出を

志位委員長が表明

写真

(写真)記者会見する志位和夫委員長=19日、国会内

 日本共産党の志位和夫委員長は19日、国会内で記者会見し、野党が一致して安倍政権に対する内閣不信任案を提出したいとの考えを示しました。

 志位氏は通常国会の会期末(22日)をひかえ、「歴史上かつてない異常国会になった。改ざん、隠ぺい、ねつ造、虚偽答弁など、議会制民主主義、国民主権を壊すかつてない異常事態が、安倍政権によって引き起こされた」と指摘。また、西日本を中心とした豪雨被害の対応や、「働き方改革」一括法の強行可決、「戦争する国づくり」への暴走など、国民の声に耳を傾けない安倍政権の暴走政治があらゆる面で噴き出したと批判しました。

 その上で志位氏は、「野党間でよく相談し、内閣不信任案を提起したいと考えている」と表明しました。


pageup