しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月16日(月)

森友・加計 見過ごさない

高知・香美 清水氏

 高知県の日本共産党香美(かみ)市委員会は15日、同市に清水忠史前衆院議員を迎えて演説会を開きました。

 清水氏は森友・加計問題について「この国の政治は国民のもの。森友・加計問題を見過ごすことは独裁政治を見過ごすことになる。安倍首相の退陣までがんばる」と表明。米朝首脳会談で安倍首相の圧力一辺倒が破綻したことに言及し「安倍政権は内政でも外交でも行き詰まっている」と指摘。参院選と香美市議選支援を訴え、入党を呼びかけました。

 豪雨災害の被災地で活動中の仁比聡平参院議員と白川容子四国ブロック国政対策委員長のメッセージが紹介され、松本けんじ衆院高知1区予定候補が豪雨災害の被災者の支援に全力を挙げる決意を述べ募金への協力を呼びかけました。

 8月26日告示(9月2日投票)の香美市議選をたたかう大岸まゆみ、山崎龍太郎、浜田ゆりこ、森田ゆうすけ、山崎あきこ(推薦)の5予定候補が決意表明(山崎あきこ予定候補はメッセージ)しました。


pageup