しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月16日(月)

歴史ある党とともに

大分・2市 藤野氏

 日本共産党大分県中部地区委員会、同北部地区委員会は15日、藤野保史衆院議員を大分、別府両市に迎えて演説会を開きました。来年の参院選、統一地方選で共産党躍進を必ずとの藤野氏の訴えに大きな拍手が起きました。

 藤野氏は冒頭、豪雨災害被災地の深刻な状況を報告し、党として救命・救援に全力を挙げる決意を表明。大災害の中、宴会を開き、災害対応よりもカジノ法、党利党略の選挙制度改革を優先する安倍政権を批判。「国民にウソをつかない、国民を不幸にしない、まともな政治を取り戻そう」と力を込めました。

 「今日は党創立記念日です」と紹介した藤野氏は、共産党の党名には資本主義の良いものを受け継ぎながらより良い未来社会をつくる志と96年の歴史が刻まれていると強調。「安倍政権に本気で対決する共産党に加わり、ともに道を切り開こう」と呼びかけました。

 豪雨災害の被災地で活動中の仁比聡平参院議員のメッセージが読み上げられ、大分市で、つつみ栄三県議、別府市で、えんど久子県議予定候補、市議予定候補らが決意を表明。40代と60代の女性2人が入党を申し込みました。


pageup