しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月16日(月)

人権・暮らし守りたい

東京・狛江市長選 田中候補が第一声

超党派女性市議応援演説に立つ

写真

(写真)第一声をあげる田中候補=15日、東京都狛江市

 前市長が職員へのセクハラ事件で辞職したのに伴う東京都狛江市長選が15日告示(22日投開票)され、超党派でセクハラを追及してきた元市議の「ともに狛江 市民の会」の田中とも子氏(60)=無所属新、日本共産党、社民党、生活者ネット、新社会党、自由党都連、緑の党推薦=が立候補しました。

 選挙戦は、前市長をかばい、反省も謝罪もない自民党、公明党が擁立した元副市長の松原俊雄氏(66)との一騎打ちです。

 田中氏は第一声で「セクハラ、パワハラを根絶し、人権と市民の暮らしを守る市政を実現する」と決意表明。強権的で弱いものいじめの前市政を転換し、災害死者ゼロ、待機児ゼロ、孤立死ゼロの「三つのゼロ」を実現すると述べました。

 超党派の女性市議が応援演説に立ち「人権と憲法を大切にする田中さんを市長に」(社民党・市原広子市議)、「超党派で市民とともにセクハラを追及した田中さんを市長に」(生活者ネット・山本暁子市議)と訴えました。

 矢野裕・元市長は「自公は前市政を支えたことへの反省もない。前市政と厳しく対峙(たいじ)してきた田中さんでなければ狛江の再生はない」と語りました。


pageup