しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月5日(木)

日韓国会議員 サッカーで交流

藤野・畑野氏も出場

写真

(写真)サッカーで交流を深めた日韓の国会議員

 第11回日韓国会議員親善サッカー大会が2日、東京都北区の味の素フィールド西が丘で行われ、両国の議員がプレーを通して交流を深めました。

 30度を超える暑さの中で行われた試合は0―0で引き分け。最優秀選手賞に韓国GKの魏聖坤(ウィ・ソンゴン)議員が、敢闘賞は守備の要として奮闘した元榮太一郎(もとえ・たいちろう=自民党)参院議員が選ばれました。

 日本共産党からは藤野保史、畑野君枝両衆議院議員が参加し、攻守に貢献。藤野氏は「初めて試合した議員とも意気投合したし、顔見知りになった韓国の議員も増えた。サッカーを通じて両国の親善が深まった」と話し、畑野氏は「今回は女性議員が日本から4人、韓国から6人と例年より多く参加してくれた」と試合を振り返りました。

 サッカー外交推進議連の衛藤征士郎会長(自民党衆院議員)は「本日の大会が日韓の架け橋に」と、韓国国会議員サッカー連盟の金學容(キム・ハクヨン)会長は「近くて遠い国ではなく、近くて近い国日本へ」と、それぞれ交流の意義を語りました。


pageup