このページの音声ブラウザ用簡易ページはここをクリック

日本共産党

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

ENGLISH PAGE

赤旗

月刊学習 2020年11月号

特集刊行開始から1年 いま、新版『資本論』を学ぶ

「恐慌の運動論」、新版『資本論』、改定綱領の関連に注目
 新版『資本論』普及委員会責任者 田代忠利
写真・田代忠利
リポート① 神奈川・湘南地区委員会
「書籍部ニュース」に新版『資本論』の感想を連載
リポート② 民青同盟千葉・中部地区委員会
民青地区委員会主催で新版『資本論』学習会

特集自民党政治を終わらせ、新しい政治を

「安倍政治の継承・発展」掲げる菅政権
憲法・立憲主義・民主主義破壊を許さない
政策委員会 髙橋万里
〈資料〉
菅政権が〝継承・発展〟掲げる安倍政権の7年8カ月――発言から
行き詰まり政治打開の展望示す
「しんぶん赤旗」 野党連合政権の実現めざして
赤旗編集局次長 高柳幸雄
総選挙勝利への党づくりの土台
改定綱領、大会決定の全党員読了必ず
学習・教育局次長 村主明子
写真・村主明子
連載 改定綱領の基本用語の解説【第3章②】

若い世代のなかでの学習と活動

コロナ危機のもとで青年の心に響く改定綱領の展望
東京・新宿地区委員長 中野 顕
「2~3日食事抜き」の衝撃 広がる食料支援の輪
北海道委員会 副委員長 金倉昌俊

『月刊学習』 私たちの活用と普及

本誌を力にみんなが改定綱領の展望を語れるように
神奈川県委員会 学習・教育部長 藤井美登里

青年・学生の手記 私と日本共産党   

野党連合政権で新自由主義からの転換を
埼玉 いさりび

綱領学習の資料紹介

民主的改革の主要な内容(18)信教の自由と政教分離

党創立の原点をたどる 創立100周年にむけて

普通選挙法による最初の総選挙(1928年)で国民に訴える

発掘 あの時、あの写真

「赤旗」配達依頼書を毎晩交換(1968年)
202011-p-gaku.jpg

データで見る日本

水害急増のなかでの気象庁予算削減

科学トピックス

安倍前政権下で加速 研究の軍事利用
中村秀生
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

月刊学習2020年11月号 表紙

月刊学習

2020年11月号 No.722
定価387円(送料79円)

「日本共産党って、どんな党?」「マルクスを読んでみたいけど?」そんな疑問や要望にわかりやすくこたえます。日本共産党や、科学的社会主義を、楽しく学べる雑誌です。

お願い2019年10月号以前の雑誌バックナンバーの定価と送料は、消費税増税前の表示となっています。購入にあたっては、消費税増税分を加えた新しい金額とさせていただきます。