JOIN US

2018/05/24

活発に意見交換
JCPSオフミーティングに40人
 5月19日、JCPサポーターのオフミーティングが開かれました。首都圏を中心に40人が参加。北海道の70代の会社取締役会長から高校生まで、年代・地域ともに多彩な顔ぶれが集まり、活発に意見を交流しました。

20180428_news_2.jpeg

 小池晃書記局長があいさつに立ち、「来年の参院選で自民・公明・維新を40議席減らせば過半数割れに追い込める。そのためには、1人区での野党統一候補の実現・勝利とともに、比例と複数区での日本共産党の躍進がどうしても必要」、「1年も前から党外の市民の皆さんと力をあわせて選挙をたたかうのは、私たちにとって初めての挑戦。選挙のプランニング、ロードマップを皆さんと一緒につくる、そういう選挙にしていきたい。実現可能性などは考えず、率直な意見を出してほしい」と訴えました。
 
 吉良よし子参院議員は、「サポーターのみなさんと一緒にたたかって獲得した議席。いつも『市民の声を届ける議席』だという思いを胸に、ブラック企業やブラック校則を追及する国会論戦を行い、政治を動かすことができた。来年の選挙も何としても勝利したい」と決意を述べました。
 交流は5つのテーブルに分かれ、①共産党の選挙を変えよう②ローンチ(サポーター発足記念)イベントを考えよう―の2つのテーマで、付箋に意見を書き、発表しあう形で行いました。(※出された意見は、サポーター専用マイページからご覧いただけます。)
 
 感想文では、「短距離走じゃなく長距離走なんだと思いました。急に共産党のことを大好きになったり、全力で応援するみたいな形じゃなくとも、ゆっくり、長く、ゆるくつながっていくことでお互いが理解しあえていくんだと思いました」「楽しかったです。JCPの人たちが意外とちゃんと話せる人々で、何かムーブメントをつくれたら良いなと感じました」「こんなにも多くの方と、いい意味で建設的な話し合いができて、自分の中でJCPサポーターがすごくふんわりしたものだったのですが、これからどんな場にできるのか楽しみ」などの声が寄せられました。

 

2018/05/24

2018/05/02

憲法施行71年☆
全国各地でアクション
【行動予定の紹介】

5月3日の憲法記念日、日本国憲法が施行されて71年目を迎えます。国民世論は「安倍政権のもとでの憲法改悪を許さない」の声が、ますます多数となっています。「朝日」世論調査(5月2日付)では、安倍政権のもとでの憲法改正に「反対」が58%(昨年は50%)、「賛成」が30%(昨年は38%)、安倍首相の9条改正案には「反対」が53%、「賛成」が39%でした。

同調査では、
▽日本は専守防衛の方針を「今後も維持するべきだ」69%、「見直すべきだ」25%
▽日本は防衛費を「増やす方がよい」19%、「減らす方がよい」17%、「今のままでよい」58%
▽安全保障を考える上でより重要なのは「軍事的な面」12%、「非軍事的な面」82%
など、安全保障をめぐる問題でも、安倍政権が進めてきた「圧力・軍事一辺倒」の政治に対する批判が強いことが示されました。
 
 しかし、安倍政権や改憲派も、そう簡単にはあきらめていません。1日には、中曽根康弘元首相が会長を務める「新憲法制定議員同盟」が大会を開き、首相は「憲法に自衛隊を明記し、自衛隊違憲論に終止符を打つことは、今を生きる私たちの責務だ」とのメッセージを寄せました。
 「安倍改憲ノー」「安倍内閣は退陣を」の声を、いっそう大きく示していくことが、とても大事になっています。
 憲法記念日を中心に、さまざまなアクションが全国各地で予定されていますので、ご紹介します。

 

↓↓↓

5月の行動予定はこちら

 

2018/05/02

2018/04/28

JCPSインタビュー
選挙は特別な人たちの
ものじゃない!

選挙は特別な人たちのものじゃない!

nonstopkyoto 河本真智子さん

 
 「うそつく総理はもういらない」――安倍政権への国民の怒りは地方でも沸騰しています。4月8日投開票の京都府知事選では、日本共産党も加わる「民主府政の会」と幅広い市民が共同した「つなぐ京都」の福山和人候補が44%の票を獲得し、自民・公明ほかの相乗り候補をあと一歩のところまで追い詰めました。市民はどんな思いでたたかったのか。「nonstopkyoto」の河本真智子さん(38歳、飲食業)にインタビューしました。
 
――今回の府知事選に、どんな思いで関わったんですか?
 私は国政・地方含め、選挙に関わるのは今回が4回目でした。とくに今回は、安倍政権のひどい政治がずっと続いてくる中、私も安倍政権の総辞職を求める街宣やデモをやったりしてきたので、やっぱり京都から国に対してハッキリと意見できる知事さんをつくりたい、福山さんならハッキリ文句を言ってくれるだろうと応援に入りました。
 もちろん、政策の面でも福山さんしかないな、と。相手候補は政策ももやもやしていて、何を訴えているのかハッキリしませんでしたが、福山さんは自分の言葉で政策をしっかり伝えてくれていた。「こういう人を知事にしたい」と心から思いました。
 私は、選挙や政治は特別なものではなく、みんなのものだと思うんです。「誰が選挙や政治に口を出してもいいんだよ」「みんなもっと口を出して関わっていこうよ」――街宣や応援スピーチをするときも、そのことを一番訴えていました。
 
――選挙では「チャット宣伝」に取り組んだそうですが、それはどんなものですか? 

20180428_news_2.jpeg

 3、4年前からやっているんですけど、候補者や大学の先生などをゲストに招いて、街なかで「おしゃべり」をするんです。(右、写真)
 私って外見がポップというか、政治に関心なさそうな格好をしてるんですよ(笑)。それが、ゲストを相手に「今の政治どうですか」とか「消費税ってどうですか」とか「賃金上がらないですよね」とか、井戸端会議みたいにおしゃべりをする。事前に簡単な打ち合わせはしますが、ぶっつけ本番です。
 街頭でスピーチしているだけだと、よほど選挙や政治に興味がある人しか聞かないと思うんですが、チャラい格好の人が候補者としゃべってると、「何やってるんだろう?」って立ち止まって見ていくし、選挙について話してたなってことが印象にも残ると思います。まわりに「段幕」やプラカードを掲げて、何がテーマかは通る人に分かるようにしています。
 生活の中で、政治に関心を持つことって難しいですよね。かつては自分もそうだったので。でも、気軽な気持ちで見てほしい。政治や選挙って、特別な、賢い人たち、専門的に学んでいる人たちだけのものではないし、政治家も普通に話せる人なんですよ、ということも伝えたいなと思ってやっています。
 
――いいですね! 手ごたえはどうでしたか?
 Twitterやフェイスブックで「選挙の応援をやっている」「社会活動をやっている」というのをあげていくと、普通の飲み友だちや幼馴染、同級生なども、ちょこちょこ「いいね」を押してくれたり、コメントを残してくれたり、会ったときに「見たよ」と言ってくれたりしました。「チャット宣伝見に行きたいな」とか声をかけてくれることが多くて、やっている意味をすごく感じました。今回の各区の得票率を見ていても、相手候補に大きく迫ることができたので、選挙にちゃんと行く人は自分たちの1票の力を考えているのかな、と心強く思いました。
 ただ、「選挙は特別なこと」って思っている人も、まだまだ多いですよね。非正規で働いていて日々の生活に追われている人にとっては、投票に足を運ぶこと自体が大変だし、「選挙で何が変わるの?」という気分にもなりがちだと思います。安倍政権もそうですが、政治を見てると2世3世の国会議員とかが多くて、「自分たちのものではない」と思っちゃいますよね。府政と国政とのつながりも分かりにくいようで、「なんで府知事選なのに国政のことしゃべるの?」という反応もありました。
 でも、安倍さんのせいというか、安倍さんのおかげで、政治に文句を言う人が増えたという実感はすごくあります。私は飲食店で働いていますが、飲みの席で政治の話題が出ることは以前はほとんどなかったけど、今は、私がこういう活動をしていることを知っているからというのもあるでしょうが、「安倍さんムカつくなぁ」とか言ってくれる人がすごく増えたんです。政治に口を出すことは特別なことじゃないっていう考え方が、広まってきたかも、という感触はありますね。
 
――河本さんが選挙などに関わるようになったきっかけは何だったんですか?
 政治や市民運動とは、もともとはまったく縁がなかったんです。ただ、3・11以降、いろんな人が反原発デモなどをしているのをSNSで見ていて、自分なりに政治への不信感を募らせてはいました。
 そんなときに、大阪・鶴橋や東京・大久保でのヘイトデモの映像を、ユーチューブでたまたま見てしまったんです。そこで「堰が切れた」感じになりました。
 私は京都で生まれ育ったんですが、小学校で人権教育というのがあり、同和問題の話を聞いたんです。「今の時代にも差別ってあるんや」と、当時はすごくショックを受けました。「差別はあかん」ってことは小学生でもわかることなのに、今も、警察に守られて街頭で差別的な発言をする人がいる、SNSでも平気で言える人がいるってことが、信じられない思いでした。
 「ここで黙っていたら差別を容認してしまうことになる」と思ったら、もう耐え難くて。これから自分が生きていく中でも、このことをなかったことにしたらやっていけへんなと思って、突き動かされるようにカウンターに行きました。
 そこから、映画の上映会、イベントを主催したり、議員や候補者へのアピール行動などをするようになり、やがて「選挙に関わらないと社会は変わらないな」と思うようになりました。
 
――それで「nonstopkyoto」というグループを立ち上げたんですね。
 グループというよりは河本家なんですけれど。夫の協力のもと、ほぼ一人でやっていますね。イベントごとに友人などに協力を頼んだりしつつやっています。ネーミングは、勢いがあって、ポップな感じで、京都でやっていることが分かるものを…ということで、友達と相談してつけました。
 込めた意味は、やっぱり、「自分がいやだ、おかしいと思うことに、声をあげることをやめない」ってことかな。生きていくこと自体が、抗っていくことだと、私は思うので。
 
――素敵です。最後に、今後に向けての決意や、JCPサポーターへのご意見などをお願いします。
 これからも「素人目線」を大切にしたいと思っています。専門的なことも特別なことも言えませんが、声をあげることはできる。全国いろんなところで、いろんな人がもっと良い社会にしようと声をあげている。私もその一人でありたいと思います。
 誰もが安心して安全に豊かに暮らせる社会は、私にとっても住みよい社会になるはずです。未来や子どもたちのためだけじゃない。私は私のためにこれからも抗うこと、声をあげること、より良い社会に暮らしたいと思うことを諦めずにいたいと思います。
 日本共産党のみなさんとはこれからもいろいろ文句を言ったりしつつも協力して多くのことに取り組みたいです!JCPサポーターにも期待しています!多くの人のアンテナに引っかかるような、誰もが参加しやすい、応援したいと思えるものにどんどんブラッシュアップしていってください。
 
――ありがとうございました。


(写真撮影 渕上哲也さん)

2018/04/28

2018/05/24

5・19オフミーティング
2018/05/24

2018/05/24

5・19オフミーティング
2018/05/24

2018/05/24

5・19オフミーティング
2018/05/24
私たちにできること/JCPサポーターは次のような活動に協力します。協力の範囲や頻度は、それぞれの事情や主体性を尊重します。
  • ドネーション(寄付)

2018/05/12

ご意見募集!
~共産党の選挙を変えよう~

寄せられた意見もこちらからご覧になれます

意見投稿、これまでに寄せられた意見の閲覧は サポーター専用マイページ からおこなうことができます。

サポーターの登録がまだの方は、登録を済ませたうえで、上記の専用マイページに移動してください。

 

 

◆現在実施中の募集テーマ、会員用コンテンツ◆

●「ご意見募集!共産党の選挙を変えよう」
 ●安倍内閣総辞職へ 「私のアクション」
 ●「共産党の選挙を変えよう」&オフミーティング 主な意見・提案まとめ
 ●JCPサポーターのプラカード、フライヤーのダウンロード
 ●サポーター登録情報の変更、退会の受付

 

2018/05/12