しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

電話相談

「あなたの相談相手」をモットーに39年
悩み事に専門家が答えます
お気軽にお電話ください

image
 

 ●「赤旗電話相談」は、7つの分野で相談を受け付けています。「法律」、「年金・社会保険」、「税金」、「子ども・教育」、「障害児教育」、「医療福祉」、「マンション・住宅」のテーマごとに専門家がお話をうかがいます。
 

電話マーク1223.jpgIMG.jpg ●赤旗日刊紙の「くらしの相談室」、日曜版の「赤旗相談」欄で、相談内容を紹介しています。「丁寧な回答がわかりやすい」「いつも記事を切り抜いて活用している」など、読者からの感想がたくさん寄せられています。

 ●東日本大震災、東京電力福島第1原発事故、その他の大規模災害などで被災された方が利用できる各種制度については、法律、税金、年金・社会保険などの相談でお受けしています。

 ●お子さんやお孫さんの生活で心配なことがありましたら、「子ども・教育」「障害児教育」(次回相談日は8月24日)にお電話をどうぞ。匿名でもけっこうです。安心してお話しください。乳幼児の健康・発達についての相談は、はがきで受け付けています。小児科医師が紙面でお答えします。

 ●6月の日程をお知らせします。変更もありますので、詳しくは「しんぶん赤旗」日刊紙と日曜版をご覧ください。
 

月の相談日程>

 5日(火)●子ども・教育

 元小学校教員/金田一清子さん

 6日(水)●法律

 弁護士/笹本  潤さん

 8日(金)●年金・社会保険

 年金問題研究家/大川 英夫さん

 12日(火)●法律

 弁護士/原  和良さん

 19日(火)●法律

 弁護士/村﨑  修さん

 20日(水)●マンション・住宅

 弁護士/佐藤  生さん

 マンション管理士/千代崎一夫さん

 22日(金)●税金

 税理士/田中 大介さん

 23日(土)●医療福祉

 元医療ソーシャルワーカー/原  玲子さん

 26日(火)●年金・社会保険

 社会保険労務士/猪野 保正さん

 27日(水)●法律

 弁護士/横山  聡さん

 

月の日刊紙と日曜版には、次のような相談の記事を掲載しました

<障害児教育>ことばが出はじめた小2、どんな指導したらいいか

<法律>結婚している私の娘を友人が養子にしたいと

<年金・社会保険>戦時中に工場勤務した亡き母の厚生年金記録は

<法律>封がしてある夫の遺言書、どんな手続きが必要か

<法律>地主に請求された更新料、払うのは義務なのか

<法律>息子が生活費に困り借金、任意整理か自己破産か?

<年金・社会保険>特別支給もらえる62歳夫、在職中でも手続き必要?

<医療・福祉>長年10種類以上の薬服用、副作用などの影響が心配

 


電話相談  とくとく情報④ 法律相談編

「法律って難しい」「裁判員に選ばれたら、どうしよう...」。そんな声をよく耳にします。赤旗電話相談では「法律だって分かりやすく」をモットーに、皆さんからのご質問に弁護士がお答えしています。
  しかし、回線は1本。そのため、法律相談は電話が殺到し、かかりづらくなっています。係では、お急ぎの方はimage(0570-078374)を紹介しています。法的なあらゆる悩みに答える公的機関です。無料相談も行い、全国に相談窓口を設けていますので、ぜひご活用ください。

困り事・悩んでいること...お電話ください。お答えするのは、その道の専門家。弁護士、社会保険労務士、税理士、教育関係者、一級建築士やマンション管理士、元医療ソーシャルワーカーなど40人の専門家の皆さんです。相談項目は法律、年金・社会保険、税金、子ども・教育、障害児教育、マンション・住宅、医療福祉の各分野です。どんなご質問にも親身になって答えます。

◎くらしの相談室/障害児教育/ことばが出はじめた小2、どんな指導したらいいか

回答者/元特別支援学級担任 中野健太郎さん

  小学校の特別支援学級(知的障害)で担任をしています。2年生のA君は重度の知的障害があり、ことばがまだ話せません。どんな指導ができるでしょうか。(K子)
                 ◇            ◇
 中野 様子を詳しく教えてください。
 ――私が学級で「○○をしましょう」と言っても、A君は「自分も言われている」とわからずにじっとしています。個別に指示をしなければならない状態です。
 家族も心配して、放課後に発声や発語の訓練に通っています。家でも練習しているようです。
 中野 これまでの指導で、ことばの面での変化はありましたか。
 ――1年生の時は嫌なことがあると大声を出して騒いでいたのですが、最近は「いや。や(ら)ない」と、自分の意思をことばで表すことがあります。ほしい物があると、「あっ、あっ」と言って、私を引っ張って教えてくれます。
 中野 それは大きな変化ですね。着実に自分の気持ちを表して相手に伝えることができるようになっています。
 ことばが出てくる大切な時期ですから、「うれしい」「楽しい」気持ちが、声や笑顔、動作に出てくるような活動が大切だと思います。
 ――具体的にはどうしたらいいでしょうか。
 中野 例えば、友だちと音楽に合わせてリズミカルに体を動かすと、それに併せて声が出てくることもあります。
 生活面では、着替えや持ち物整理などの時に、ていねいに声かけしてください。ことばと物、動作がつながり、指示が理解できるようになっていくでしょう。
 また、絵本の読み聞かせなどをして、子どもと心を通わせて信頼関係をつくっていくことも大切です。好きな絵本ができると、もっと読んでほしい、と子どもからかかわりを求めてくるようになります。
 自分の方から伝えようとする気持ちが出てくるような指導が必要だと思います。
(5月2日付)


◎くらしの相談室/法律/結婚している私の娘を友人が養子にしたいと

回答者/弁護士 大久保佐和子さん

 70代の友人夫婦には子どもがいません。財産をどうするか悩んでいて、私の35歳になる娘を養子にしたいと言います。制度について詳しく教えてください。(M子)
                 ◇   ◇
 大久保 血縁関係がなくても、双方の合意があれば、養子縁組を結ぶことによって新しい親子関係ができます。
 同時に血縁上の親子関係もなくならないので、娘さんにとっては、実親と養親という両方の親がいることになります。法律的には実の親子と同じように、養親との間にも扶養の義務や相続の権利が発生します。
 ――縁組をするにはどんな条件がありますか。
 大久保 まず、養親になる人の年齢が成年に達していることです。(民法792条)
 また、養親より年長の人や、尊属(父母や祖父母など先行する世代の直系の親族)を、養子にすることはできません。(同793条)
 ――娘は結婚していますが養子になれますか。
 大久保 既婚者でも養子になれます。ただし、配偶者のある人が養子になるには、配偶者の同意が必要です。(同796条)
 ――娘は結婚するとき夫の氏に変えています。養子になったら氏や戸籍はどうなるのですか。
 大久保 養子は養親の氏を名乗ることになっています。ただし、婚姻の際に氏を改めた人が、養子として養子縁組をする場合には、養親の氏に変える必要はありません(同810条)。つまり、婚姻の際に氏を改めた人は、その氏を名乗る間は養親の氏とは異なるということです。
 戸籍にも変動はなく、身分事項の欄に縁組をしたことが書かれます。
 ――手続きはどうすればよいですか。
 大久保 養子と養親が「養子縁組届」を提出します。本籍地(養子・養親)か届出人の住所地のどちらかの役所で手続きをします。
 ――縁組を解消することもできるでしょうか。
 大久保 養親との間で話し合いが成立すれば、離縁の届け出ができます。離縁により親子関係はなくなります。
 話し合いがつかないときは、調停離縁、裁判離縁に進みます。
(5月9日付)

 

1


pageup