しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月25日(火)

沖縄知事選・参院選・地方選勝利へ 各地で党演説会

埼玉・草加で塩川衆院議員

写真

(写真)訴える塩川氏=24日、埼玉県草加市

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員は24日、埼玉県草加市で開かれた党演説会で訴え、10月の市議選と来年の参院選、県議選勝利で「安倍政権の退陣を」と呼びかけました。

 塩川氏は、沖縄県知事選で翁長雄志知事の遺志を引き継ぐ、玉城デニー候補を何としても勝利させようと強調。同時に、米軍基地は沖縄だけの問題だけではなく、米軍横田基地(東京都)へのCV22オスプレイ配備が発表され、草加市上空でも訓練が行われると指摘し「沖縄のたたかいは私たちのたたかいです。米軍の横暴勝手を許さない、たたかいを広げましょう」と呼びかけました。

 伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補も訴え、性的マイノリティー(LGBT)当事者の人たちとのつどいに参加したことを語り、LGBT差別を容認する自民党を批判。「誰もが等しく尊重され、ありのままに生きられる社会をつくるために、参院選で必ず勝ち抜きます」と訴えました。

 県議選をたたかう平野あつ子市議、10月28日投票の市議選(定数28)をたたかう佐藤のりかず、斉藤ゆうじ、藤家あきら、大里ようこ、石田けい子の5予定候補も決意表明しました。

 演説会には、田中和明市長がメッセージを寄せました。


pageup