しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月24日(月)

共産党の勢い示そう

山梨・富士吉田で演説会 市田氏が訴え

写真

(写真)演説会後、聴衆と握手を交わす市田氏(中央)ら=23日、山梨県富士吉田市

 日本共産党の市田忠義副委員長は23日、山梨県富士吉田市で開かれた党演説会で、沖縄知事選の勝利、来年の参院選、統一地方選挙での日本共産党躍進を訴えました。

 しいばかずゆき参院比例予定候補、宮内げん参院山梨選挙区予定候補、統一地方選挙をたたかう5人の市議・村議予定候補が決意表明しました。

 市田氏は冒頭、大接戦となっている沖縄県知事選挙への支援を呼びかけました。

 朝鮮半島での南北首脳会談について「事実上の朝鮮戦争の終結への合意で、北東アジアの平和の構築に画期的だ」と述べ、安倍政権が進めてきた辺野古新基地建設や陸上自衛隊の北富士演習場での共同訓練などは「平和のプロセスが進めば『根拠』を失う」と指摘。「北東アジアの平和のためには、9条を持つ国にふさわしい外交的イニシアチブを発揮することだ」と訴えました。

 国会での野党共闘が「かつてなく強固になっている」と述べた市田氏は、野党合同のヒアリングが120回開かれたことなどを紹介。安倍政権を退陣に追い込むために「大事なことは地方から野党は共闘の声を上げ、共産党の勢いを示すことです。参院選、統一地方選での党躍進に力をお貸しください」と訴えると会場から大きな拍手が起こりました。

 市田氏の入党の呼びかけに応えて、会場で1人が入党しました。


pageup