しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月23日(日)

沖縄の未来 私たちが決める

うまんちゅ大集会 各界から連帯発言

県民の声聞く知事を

ひやみかち うまんちゅの会 呉屋守将(ごや もりまさ)さん

写真

(写真)呉屋守将さん

 翁長知事は保守系の方ですけれども、これ以上ウチナーンチュが差別に苦しむことに我慢ならないと、本当の意味での保守の道を全うしていただきました。

 われわれは日本国民です。その日本国民の権利をないがしろにして、辺野古基地を押し付けるやり方に我慢なりません。

 今回の選挙の争点は明確です。安倍自公政権言いなりの県知事を選ぶのか、われわれ沖縄県民の声に耳を傾けるウチナーンチュの代表を選ぶのか。この二つに一つです。それが玉城デニーです。われわれが集まれば万人の矢になってさらに大きな力となります。みなさん、折れずに頑張りましょう。

平和でこそ繁栄ある

沖縄県政策参与 照屋義実(てるや よしみ)さん

写真

(写真)照屋義実さん

 今回の知事選は、沖縄の未来と日本の民主主義をかけた歴史的、重要な選挙だと位置付けています。

 辺野古新基地建設にノーかイエスかが問われています。新基地建設の問題は平和と民主主義の問題であり、沖縄県民にとっては生命、生活、財産にかかわる重要な問題です。

 前回の知事選でも、新基地は造らせないと公約に掲げて翁長雄志知事が大差で当選しました。翁長知事の遺志を継ぐことこそが、地域に生きる私たち中小業者の使命であり、誇りです。

 平和な社会でこそ中小企業と地域の繁栄があり、私たちは決して基地建設に手を貸しません。政府の圧力で声を上げられない中小業者もいます。しかし、サイレントマジョリティー(静かなる多数派)は、デニーさんにあると確信しています。

基地頼みで発展なし

沖縄県副知事 富川盛武(とみかわ もりたけ)さん

写真

(写真)富川盛武さん

 翁長知事はアジア経済戦略構想を推進してきました。沖縄の発展度は非常に高い。観光客は翁長知事が就任して以降、717万人から958万人、外国人は98万人から269万人と2・73倍に増えています。

 沖縄の発展力ができあがったのは、沖縄がアジアの中心にあるからです。アジアでは多くの国が友好的に発展を遂げ、ダイナミズムが起こっています。

 翁長知事は誇りある豊かさを示してきました。デニー候補もこれを継承していきます。

 自然に畏敬の念を払い、沖縄の自然を守っていく中での豊かさを追求するのが、誇りある豊かさです。経済では基地に依存しては発展できません。

翁長氏のバトン継ぐ

那覇市長 城間(しろま)みきこさん

写真

(写真)城間みきこさん

 翁長知事のご家族に聞きましたら翁長さんは雨男だったそうです。この雨は翁長さんがここまで来ているということです。私たちを見守ってくれている。「頑張れよ」と言ってくれた翁長知事の言葉と手のぬくもりが、まだまだ生きています。

 翁長知事の重責のバトンを引き継ぎ、新たな沖縄の未来をリードしてくれる人、それは玉城デニーさんです。火をかざし先頭に立って歩き、走ってくれるのがデニーさんです。

 私は那覇市政を、デニーさんは県政をあずかる立場として、翁長知事からのバトンをしっかり握って落とさないよう頑張ります。

 沖縄を、誇りある豊かさを持つ私たちで共に前へ、そして高みへ進めていきましょう。

きれいな海を残して

若者代表 照屋美波(てるや みなみ)さん

写真

(写真)照屋美波さん

 デニーさんを応援するひやみかち・うまんちゅの会青年局の照屋美波です。糸満生まれ、那覇育ち、18歳、初めての選挙です。

 私たちの未来にきれいな海を残してもらいたいです。私たちの未来に安全な空をつくってほしいです。私たちの未来は平和な沖縄で過ごしたいです。そして私たちの未来は私たちで決められるように、玉城デニーさんを一生懸命応援していきます。

 ちょっと早いけど私たち青年局の今年の流行語大賞を発表します。デニーさんを見かけたとき、応援しているとき、デニーさんのことを考えたとき、こういう言葉を使います。「デニってるー」。明日からもデニりましょう。

安全な教育環境守る

宜野湾市長候補 ナカニシ春雅(はるまさ)さん

写真

(写真)ナカニシ春雅さん

 3人の子どもの父親で、宜野湾市に住んで25年になりますが、昨年12月に小学校や保育園に空から米軍ヘリの窓枠や部品が落下しました。本当にこれは異常なことです。

 私は沖縄県高等学校PTA連合会の会長として、保育園のお母さんたちと一緒に、(保育園・学校上空の米軍機の飛行停止を求める)十数万の署名集めに協力しました。

 日本政府や米軍に一緒に抗議しましょうと市長(県知事選の相手候補)に申し入れしたところ、対応は非常に冷たいものでした。

 子どもの命を第一に、安全な教育環境を守るため私は市民の先頭に立って頑張りたい。翁長知事の遺志をしっかりと継いでいきます。


pageup