しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月22日(土)

県立高校隣に「さきま」懸垂幕

沖縄・宜野湾 苦情受け撤去

写真

(写真)高校隣のビルに掲げられた、撤去される前の懸垂幕=沖縄県宜野湾市(桃原功市議提供)

 沖縄県立普天間高校(宜野湾市)正門隣のビル壁面に「普天間高卒業生さきま淳を県知事へ!」「宜野湾市から県知事を誕生させよう!」とする2枚の懸垂幕が掲げられ、学校関係者などに波紋が広がりましたが、学校側が選管や県警、県教委などに撤去を申し出たことで、21日午前11時ごろまでにいずれも撤去されました。

 懸垂幕は、それぞれ普天間高卒有志会、普天間有志会の名前で、沖縄県知事選(30日投票)候補の佐喜真淳前宜野湾市長=自民、公明、維新推薦=の当選を呼びかけるものでした。

 同校教頭によると、学校とは一切無関係の掲示物だったにもかかわらず、公的な学校が特定候補を応援しているように見えたことで、生徒たちを含め学校側に対し「(苦情などの声が)たくさんあった」といいます。


pageup