しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月17日(月)

カジノよりも給食

横浜で田村氏

 横浜市金沢区で16日、日本共産党演説会が開かれ、田村智子副委員長・参院議員が、安倍政権を退陣に追い込み、新しい政治をつくるために市民と野党の共闘の前進と、日本共産党の躍進を呼びかけました。

 田村氏は、横浜市が狙うカジノを含む統合型リゾート(IR)について「犯罪の賭博を犯罪ではなくする、それが横浜の元気の源だという推進派の訴えを認めるわけにはいかない」と強調。昨年の市長選で「カジノよりも中学校給食」と求めた市民の運動が野党共闘の力もつくっていると述べ、統一地方選でカジノ反対の民意を突き付けようと呼びかけました。

 参加した同区の男性(68)は「共産党には、国民の福祉向上のために野党共闘の中心になって政権交代をめざしてほしい」と期待を語ります。立憲民主党の篠原豪衆院議員からメッセージが寄せられました。

 田村氏は「働き方改革、カジノ実施、安保法制に対する廃止法案や、原発ゼロ基本法案を野党共同提案したことは、自民党に代わる政権への展望にもなる」と語り、共闘に最も真剣に取り組む共産党の躍進が、安倍政権を倒す確かな近道だと訴えました。

 田村氏は沖縄県知事選について「基地あるが故の苦しみを我がこととしている横浜で、玉城デニーさんの勝利を」と呼びかけると拍手が起きました。

 来年参院選のしいばかずゆき(比例)、あさか由香(神奈川選挙区)の各予定候補、横浜市議選(定数86)の明石ゆきお予定候補(金沢区、定数5)が決意表明しました。


pageup