しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月8日(水)

情報漏えいの責任重大 野田総務相は辞任を

小池書記局長が主張

写真

(写真)記者会見する小池晃書記局長=7日、国会内

 日本共産党の小池晃書記局長は7日、国会内で記者会見し、野田聖子総務相が、朝日新聞による金融庁への情報公開請求を開示決定前に把握し漏えいした問題で、1年分の閣僚給与を返納すると同日表明したことについて問われ、「閣僚給与返納などですむ問題ではない。責任をとるというのなら、大臣を辞めるのが筋だ」と主張しました。

 小池氏は「情報の管理・公開は安倍政権でもっとも問われたテーマだ」とし、「情報公開制度を主管する大臣が、制度の信頼を根本的に損なう情報漏出をした。責任は極めて重大だ」と指摘。「閣僚給与を返納しなければならないような人が大臣を続けることが間違っている」と重ねて批判しました。


pageup