しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月21日(土)

共産党の大きな役割

論戦で国会をリード 共闘支え、前進させる

国会議員団総会 志位委員長があいさつ

写真

(写真)議員団総会であいさつする志位和夫委員長=20日、衆院第2議員会館内

 日本共産党は通常国会が事実上閉幕した20日、国会議員団総会を開き、志位和夫委員長が、議員団の果たした役割、野党の国会共闘の大成果を報告し、来年の参院選と統一地方選での躍進、市民と野党の共闘の勝利へ力を尽くそうと呼びかけました。

 志位氏は、6野党・会派が安倍内閣不信任決議案を共同提出し、一致結束してたたかったことについて、「多くの国民の批判と怒り、政治を変えてほしいという願いに応えた大義あるものだった」と述べました。

 今国会で党議員団が果たした役割の第一に、焦点となった森友・加計疑惑、「働き方改革」一括法、カジノ実施法などで論戦をリードしたと強調。森友・加計疑惑では共産党に多くの内部告発が寄せられ、情勢を動かす力を発揮したことは誇るべきことだと語りました。

 第二に、市民と野党の共闘を発展させるうえでも、日本共産党の一貫した姿勢が大きな貢献になったと強調。「野党合同ヒアリング」が11テーマ、118回におよび、「野党合同院内集会」が8回開かれ、「原発ゼロ基本法案」や「被災者生活再建支援法改正案」など共同提出の法案は20本にのぼると紹介。共闘に「共産党が加わっているから手ごわい」との与党幹部の声を示し、「相手にとって最大の脅威になっている」と述べました。

 志位氏は、野党の国会共闘と国民運動の連帯した力でかちとった二つの大成果として、(1)「働き方改革」一括法から、裁量労働制の拡大を削除させた(2)憲法9条改定の発議を今国会で阻止した―ことを強調。9条改憲阻止の「3000万人署名」に励まされ、6野党・会派が結束し、年内発議の思惑に重大な打撃を与えたことに確信をもとうと訴えました。


pageup