しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月20日(金)

国会の権威を失墜

野党が古屋衆院議運委員長解任案

塩川氏賛成討論

写真

(写真)賛成討論に立つ塩川鉄也議員=19日、衆院本会議

 日本共産党、立憲民主党、国民民主党、無所属の会、自由党、社民党の6野党・会派は19日、古屋圭司衆院議院運営委員長(自民党)が安倍政権の悪法強行に加担し、自身の政治資金パーティー収入の過少申告疑惑でも説明していないとして、同委員長解任決議案を衆院に共同提出しました。同日の本会議で賛成討論に立った日本共産党の塩川鉄也議員は、「議会制民主主義を踏みにじって恥じない古屋氏は、もはや職責を果たしえない」と断じました。

 塩川氏は、今国会で問われたのは安倍政権による改ざん、ねつ造、隠ぺいなど、民主主義の土台を根底から突き崩す異常事態に対して、国会が政府監視機能を果たすかどうかだと強調。古屋氏が疑惑解明に背を向け、「国会を冒涜(ぼうとく)する安倍政権に追従し、国会の権威を失墜させた」と厳しく批判しました。

 塩川氏は、古屋氏の職権による本会議開会などが20回に及び、重要法案を与党単独の質疑で進め、野党の質疑権を奪ってきたと指摘。「働き方」一括法、カジノ実施法案、自民党の党利党略の参院選挙制度改定など、最初から最後まで職権による強行運営で、政府・与党いいなりで悪法の審議促進に手を貸した責任は重大だと強調しました。また過少申告疑惑では、「議会運営の要を担う議運委員長が、国民と国会に納得のいく説明をしないのは、民主主義の健全な発展に、極めて重大な問題をもたらす」と述べました。

 決議案は自民、公明両党などの反対で否決されました。


pageup