しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月18日(水)

徹底審議を求める

選挙制度の問題で野党

 日本共産党、立憲民主、国民民主、無所属の会の4会派は17日、衆院政治倫理・選挙特別委員会理事会で議会制民主主義の土台である選挙制度の問題での徹底審議を強く求めました。ところが与党は質疑終局、討論省略で採決に持ち込もうと動議を提出。審議続行を求める意見に耳を貸さない平沢勝栄委員長(自民)に対して、野党は不信任決議案を提出しましたが、同決議案は与党などの反対で否決しました。

 日本共産党の塩川鉄也議員は、「野党の質疑は始まったばかりだ。十分な審議が必要だ」とし「多数党が自らに都合のよい制度に変えることを強行すれば、議会制民主主義を破壊することになり、到底許されない」と厳しく批判しました。


pageup