しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月16日(月)

命軽視政権に審判を

島根・出雲 笠井氏

写真

(写真)声援に応える(左から)尾村、笠井、大国、福島の各氏=15日、島根県出雲市

 島根県の日本共産党中部地区委員会は15日、出雲市で笠井亮政策委員長・衆院議員を迎え、演説会を開きました。

 笠井氏は、西日本を中心に甚大な豪雨被害が発生しているにもかかわらず、延長国会で悪法の強行を続ける安倍政権に対して「市民と野党の共闘と日本共産党の躍進で来年の参院選、統一地方選で安倍自公政権を総辞職に追い込もう」と呼びかけました。

 笠井氏は、民主主義を根本から破壊した疑惑の数々を棚上げし、さらに豪雨災害で避難勧告や避難指示が出ている中、カジノ法案などの推進を狙う安倍政権を批判。「国民の命を軽視する安倍政権に出雲からもノーの審判を」と訴えると大きな拍手が湧きました。

 来春の県議選をたたかう尾村利成、大国陽介の両予定候補=いずれも現=が決意表明。住民目線で政治を変える会・山陰の福島浩彦共同代表が連帯あいさつしました。仁比聡平参院議員、大平喜信前衆院議員、立憲民主党の亀井亜紀子衆院議員から激励のメッセージが寄せられました。


pageup