しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月10日(火)

平和の声長崎から

山下副委員長よびかけ

 日本共産党長崎県委員会は8日、長崎市に山下芳生副委員長・参院議員を迎えて演説会を開きました。

 参院選での野党共闘勝利と共産党躍進を訴えた山下氏は、安倍首相に「憲法を語る資格はない」と指摘。「安倍政権のもとでの9条改憲をストップさせる一番の力が3000万人署名です。立場の違いを超え、平和の声を長崎から広げてください」と呼びかけました。

 また、同県佐世保市へのカジノ誘致計画に触れて「安倍政権はカジノ業者による貸金まで認めようとしている。カジノ実施法案を廃案にし、客を囲い込むカジノではなく教会群など魅力ある観光資源を生かすべきだ」と訴えました。

 豪雨災害の被災地で活動中の仁比聡平参院議員のメッセージが読み上げられました。

 岩永千秋・参院長崎選挙区予定候補は核兵器廃絶と「9条守れ」の声を被爆地・長崎から発信すると訴えました。堀江ひとみ県議と長崎市議選の3予定候補が決意を述べました。

 ゲストとして登壇した元長崎大学教授の森下浩史氏が「統一地方選、参院選で怒りの声を大きくして頑張ろう」と激励しました。

 19歳の男性が入党を申し込みました。


pageup