しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月5日(木)

国民投票法改定案趣旨説明へ

赤嶺議員、改憲へのさそい水と反対

衆院憲法審幹事懇談会

 衆院憲法審査会は4日の幹事懇談会で、5日に審査会を開き、改憲手続きのための国民投票法改定案について提案者(自民党)の趣旨説明のみを行うことを決めました。日本共産党は反対しました。

 日本共産党の赤嶺政賢議員は、同改定案の趣旨説明は「改憲へのさそい水にしようとするものであり、改憲への一里塚となる」と反対を表明。この間の幹事懇が与野党の合意がないまま会長職権でたびたび開かれたことについて「与野党で合意して丁寧に進めるという審査会のあり方に反する。改めるべきだ」と強く主張しました。

 今国会での同法案の採決に対しては、野党そろって反対しています。


pageup