しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月5日(木)

参院選挙制度改革の議論

代表者懇で打ち切り

山下氏が批判

 自民党が参院選挙制度の改定案を、十分な議論をしないまま今国会中に成立させようとしているなか、4日、参院各会派の代表者懇談会と参院政治倫理・選挙特別委員会理事懇談会が開かれ、参院選挙制度改革をめぐって各党が議論しました。

 伊達忠一議長の呼びかけで開かれた代表者懇談会では、伊達議長が、過去2回の同懇談会や各党から個別の聞き取りを行ったものの意見の隔たりが大きく、まとめることができないとして「案のある会派は委員会に法案を提出し、審議していただきたい」と述べ、議論を打ち切りました。

 日本共産党の山下芳生参院議員団長は、「選挙制度は議会制民主主義の土台であり、各党・会派間でよく協議して合意を得る努力をすべきだ」と主張。「選挙制度専門委員会で提案もなかった案を突然提出した自民党のやり方を是認し、会派間の協議を打ち切ろうとする伊達議長は議長の責務を放棄している」と批判しました。

 倫選特委の理事懇では、代表者懇談会での議論打ち切りを受けて石井浩郎委員長が、自民党案などの審議をするために6日に同委員会を開くと表明。共産党、立憲民主党、参院会派「希望の会(自由・社民)」、「沖縄の風」は、参院改革協議会や選挙制度専門委に議論を差し戻すべきだとして、6日の審議入りに反対しました。

 参院選挙制度をめぐっては、公明党と国民民主党も4日に独自案を提出しました。


pageup